SIP 分野間データ連携基盤

技術概要

トラスト連携

トラスト連携

CADDEは、トラストサービス基盤と連携しデータの信頼性を確認する機能を提供します。データ利用者はデータ提供者から入手したデータが本当にそのデータ提供者によって作成されたことを確認することができます。

トラストサービス基盤

データ提供者がデータ利用者に情報を提供する際に、なりすまし、改ざんのリスクを回避するためには、データ利用者がこれらを検知する手段が必要です。トラストサービス基盤は、CADDEをはじめデータを取り扱うアプリケーションへ「トラスト共通API」として以下機能を提供することができます。

 

  • ・データの発生元の統一的な確認
  • ・データの統一的な改ざん検知
  • ・国外から受領したデータについても上記2つの機能が利用可能

 

トラストサービス基盤が国内外のデータの相互運用を可能とするための取り組みとして、国内の官・民の認証局やタイムスタンプ局をトラストアンカーとして包括的に参照可能にした「トラステッドリスト(試行版)」の技術仕様検討を行っています。トラストアンカーがリスト化されることにより、署名検証システムはトラストアンカーの参照先を統一することができ、信頼レベルを確認することができるようになります。